開運アドバイス

経営者が占いに頼るのはこんな時!

経営者の中には占いを利用している方がたくさんいます。

一つの決断がその後の未来を大きく左右する経営。

そんな中、どのタイミングで占いを利用することが多いのでしょうか。

占いを利用するタイミング①新規事業

新規事業を立ち上げるときに占いを利用する経営者の方は多いです。

新しい仕事の内容や進め方に不安があるときに占い師からのアドバイスを聞きたい、と考えているためです。

新規事業はなかなか同業者にも話しにくい内容であることも多く、秘密を厳守してくれる占い師がおおいに役立ちます。

また、業務内容に関わっていない占い師に相談することで、主観を挟まず客観的な意見が聞けることも経営者にとってはありがたいことと言えます。

 

占いを利用するタイミング②年末年始

年末年始に新しい年の運勢を占うために占い師のもとを訪れる経営者もいます。

新年のために準備できることはあるか、何を始めて何を控えればよいのか、なんとなくでも道筋がわかっていると経営も順調に進めやすくなりますよね。

占い師によってはご縁がある方角や場所、時期などを占ってくれる場合もあり、それぞれの悩みに合わせて占いをしてもらうことが可能です。

年末年始だけでなく、新入社員を迎える新年度や、就職活動が始まる時期に占いを行ってどんな人材が集まるのか占ってもらうという経営者もいるようです。

 

占いを利用するタイミング③事業がうまくいかないとき

事業がうまくいかないときも占いを利用するタイミングと言えます。

何も不調はないはずなのにどうしてか思うような結果がでないというときは、運勢が傾いているのかもしれません。

占いによってタイミングや足りないものを知ることができれば、事業を立て直すことも可能になるでしょう。

やみくもにあれこれ試してもダメだった、というときは、ぜひ占いをしてみてください。

今の経営に足りないポイントが見つかるかもしれません。

 

占いを利用するタイミング④調子がいいとき

全体の運勢が悪いときだけでなく、調子がいいときにこそ占いを利用することをおすすめします。

今のペースはどうすれば維持できるのか、よりよくするには何をすべきなのかを知ることで、経営をもっと潤滑なものにすることができるでしょう。

調子がいいときにはつい自分の力のおかげだと過信してしまいますが、こんなときこそ周りへの感謝の気持ちを忘れないようにすることが、あなたの人生をさらにいい方向に導いてくれてくれますよ。

 

私、占い師kiuzkiは占いを通して
「一人一人が自分らしく輝ける人生を送ることができる社会つくる」
をミッションに活動しています。

LINE@ご登録で、
あなたの強みをお伝えする「性格運勢診断」をプレゼント中!
ぜひお友達になってくださいね(o^^o)

LINE@

LINEお友だち追加特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA