開運アドバイス

運も実力のうち!成功する人の占いの活用方法!

「運も実力の内」という言葉があるように、

成功するには技術や知識だけでは物足りない場面が多々あります。

運を掴み取るために占いを活用している成功者というのは実はたくさんいます。

成功者は、どのように占いを活用しているのでしょうか。

自分に合った占い師を見つける

占いを活用している成功者の多くは、そのときどきで占い師を変えるのではなく、専属の占い師を抱えているケースが多いです。

自分に合った占い師に悩みを相談することで、よりアドバイスを聞き入れやすくなります。

自分に合う占い師、というのは、肯定ばかりしてくる、やたらと褒めて気分をよくしてくれる、ということではありません。厳しいことを言っていてもどこかすんなり腑に落ちるような、言葉では言い表せない相性のようなものを感じることが多いようです。

相性がぴったりの占い師を見つけるのは至難の技ですが、相性が合わず占ってもらったあともモヤモヤが残るような占い師に頼っていては占いをする意味がありません。

一度占ってもらったけど違和感があったという方は占い師を変えてまた占ってみてもらうのもおすすめですよ。

 

いい意味で適当に占いを利用する

占い師から言われたアドバイスを忠実に守る必要はありません。

あれもして、これもして…とすべてを守ろうとすると必ずどこかで無理が出たり矛盾を招いたりしてしまいます。

例えば大事な商談のとき、占い師に言われていたアイテムを持ってくるのを忘れたとしましょう。

忠実に占い師からのアドバイスを守りたいと考えている人は「忘れてしまった、もう今日の商談はダメだ…」と落胆してしまい当然仕事にも手がつかなくなってしまいます。結果的に商談もうまくいかなくなってしまうでしょう。

反対に「なんとかなるか」「変わりのもので代用しよう」と考えられる人は気持ちを切り替えて商談に挑むことができます。

占い師からのアドバイスはあくまで助言と捉えて、いい意味で適当に占いを利用している人のほうが成功しやすい傾向にあります。

 

最終的には自分を信じられる

占いに頼りきっていてはせっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。

本当に成功したいのなら、占い師の言葉ではなく自分の直感を大切にすることも大切。

占い師に失敗するかもと言われていたことでも、自分の直感が働いたのなら飛びついてみるのもアリ。

その結果うまくいかなかったとしても、

「やっぱり占い師の言うとおりだったか~」

とちょっと反省すればいいだけのこと。

せっかくのタイミングを逃してしまうことのないように、自分を信じることだけは忘れないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA